葬儀会館が運営する手元供養専門店
葬儀会館が運営する手元供養専門店
カート 0
骨壷 幸兵衛窯 金彩花文 7寸(箱書組紐木箱付)
骨壷 幸兵衛窯 金彩花文 7寸(箱書組紐木箱付)
骨壷 幸兵衛窯 金彩花文 7寸(箱書組紐木箱付)

骨壷 幸兵衛窯 金彩花文 7寸(箱書組紐木箱付)

商品番号: ito_a1_2

通常価格 ¥137,500 ¥0 送料無料
価格は税込みです。
金で描かれた唐草文様が威厳ある風格を語ります。壷のまわりに施された連続する唐草文様は、来世でも幸せでとの願いを込めたものです。
幸兵衛窯…幸兵衛窯は、文化初年(一八〇四年)初代加藤幸兵衛により、美濃国市之倉郷にて開窯され、間もなく江戸城本丸、西御丸へ染付食器を納める御用窯となりました。流麗精緻な染付の優品を手掛けた二代、中国宣徳染付の研究に没頭した三代、名人気質の四代の後を受けた、五代幸兵衛(一八九三~一九八二)は、青磁、金襴手、染付、赤絵、天目など中国陶磁をはじめ、乾山、李朝など幅広い技法を駆使した名品の数々を生み出し、幸兵衛窯の礎を築き上げました。
六代加藤卓男(一九一七~二〇〇五)は、長年の研究の末、ペルシア陶器や正倉院三彩の技法を復元し、ラスター彩、青釉、三彩、ペルシア色絵など伝統と独創の融合した作品を制作しました。これらの功績により人間国宝に認定されました。
現当主である七代加藤幸兵衛は、独自の現代的な作風をはじめ、桃山陶やペルシア陶器といった幅広い作風を展開し活躍しています。そして七代幸兵衛の指導のもと、三十余名の熟練職人を擁し、品格ある和食器の制作を志しております。

付属品
箱書組紐木箱付木箱


注意事項と古い骨壷について
製品の高台(ハマ)には釉薬が施してございませんので、傷つきやすいものの上では必ず敷物をご使用下さいますようお願いいたします。
※写真の色味、柄の大きさなどが実際の商品と異なる場合がございます。ご了承のほどお願いいたします。

骨壷の中身を入れ替えた場合などの古い骨壷は、弊社で処分も行っております。詳しくは不要骨壷お引取りサービスを御覧ください。

梱包について…当店では、商品をよりお安く提供させていただくために、お客様へ商品を配送する際の梱包資材には、リサイクル資材を使用させていただいております。


サイズについて
7寸直径約212mm(フタの頂点までは約240mm~250mm)
納骨場所のサイズを確認の上、ご注文下さい。


貼箱・骨覆(カバー)・骨箱について
貼箱・骨覆(カバー)・骨箱はこの他にも取り揃えております。
貼箱一覧へ骨覆(骨カバー)一覧へ


発送予定日
ご注文後3~7日程度かかります。
在庫がない場合は手配期間をお知らせします。


[ito_a1_2]

関連した商品